So-net無料ブログ作成

徹底検証「超最強レインコート」は本当に「超最強」なのか?! もう傘をさして自転車には乗らない! [雨の悩み]

今年は私も雨の日でも自転車に乗らなければならないことが増え、必要に迫られてレインコートをいろいろ探していました。リンクシェア・フェアでベルメゾンさんの「超最強レインコート」を見せていただき、まさに「超最強」がふさわしいレインコートとわかり、自宅に戻り即購入♪ 様々な工夫が施されている魅力的なレインコートなのです! さてさてどんなコートなのでしょう♪

35544a.jpg

(モデルはベルメゾンの美人担当者Hさん)



067d.jpg
●ポイント1☆防水と湿気逃し機能がすごい!●

まず気になる生地は、透湿防水素材というもの。この生地は、雨をしっかりと防ぐ防水性がありつつ、内側からの汗(湿気)は逃がすという仕様の生地なのです。

防水は、お水をたらしてみるとわかるのですが、ものすごくはじくんですよ! (記事の最後に動画を入れましたので、そちらをぜひ見てくださいね♪)脱ぎ終わったものでも、水滴が簡単に飛んで落ちるので、すぐに畳むことが出来るということも付記しておきますね。


36177.jpg


ファスナーからお水が入るというものも多いようですが、このレインコートのファスナーもまた防水仕上げなので、大丈夫なのだとか。
ちなみに、生地に防水加工を施したものではなく、防水加工された糸で作られた生地なので、洗濯をしても防水加工がとれることはないそうです!


さてさて、蒸れないといっても、暑いのがレインコート。けれど最大限の工夫がここにも施されているのです。なんと!背中の部分と胸のあたりに通気孔が!!! ついでに脇穴も!! 前から風が入ってきて後ろに抜けるイメージ。


mesh.jpg


内側にもメッシュ素材が使われています。
袖部分がメッシュの理由は、例えば半袖を着てレインコートを着ると、肌にコートがじかに触れると、普通のレインコート素材だとはりついてくる経験ありませんでしたか? このメッシュ素材なら、そんな不快感もないのですよ。肌触りにもこだわりがあって、嬉しいですよね。

35549裏メッシュ.jpg


それでもどうしても暑いよ~! 不快だわぁっていう時は、もう腕は雨に濡れてもよいという覚悟になりますが、半袖仕様にもなるのです。袖にヒモがついているので、落ちてくることもありません!


35530.jpg35531.jpg




067d.jpg
●ポイント2☆機能性が鏤められたデザイン解剖●

[かわいい]その1☆フードをかぶると視界が悪くなるけど…
レインコートで自転車に乗ると、フードをかぶった時に視界がものすごく狭くなって怖い。。。左右の確認が取れないので、道路を渡る時も一苦労します。しかも、フードって、風ですぐに飛んじゃってフードの帽子以外に中に雨用の帽子をかぶったり…なんてことを今まで経験済みの私なのですが…。


35517.jpg


透明なつばなので普通のレインコートの帽子に比べて視野が広くなっていて解決!
さらにファスナーを上まであげるとかなりの強風でも脱げづらくなります!  


[かわいい]その2☆手の甲は意外と盲点
意外と盲点なのが、手の甲。普通のレインコートって手の甲が濡れてしまいますよね。

35525.jpg35526.jpg

 
袖の内側に手袋のような物がついていて解決! 親指だけが外になります。さらに、手首にマジックテープがついているので、袖が固定されて長さも調節出来る上に、雨も入ってきませんよ♪


[かわいい]その3☆体型を選ばない
サイズ展開がそんなにたくさんではないけれど、もともとかなり大きめに作られているというベルメゾンさんのレインコート。細い人などは、ブカブカに見えてどうしてもカッコ悪くなるのでは…? とちょっと心配。

35534.jpg35535.jpg


ですが、ウェスト横にひもがついており、後ろや前で結ぶことが出来る。結ぶとスマートに見えるのですよ。ただ、このひもは外せないので、ちゃんと結ばないと自転車に絡まる可能性もあって危ないのでしっかり結びましょう!


[かわいい]その4☆バック・スリット
この超最強レインコートの着丈は、S〜Mサイズで98cm、M〜Lサイズが100cm。結構長めで、私は身長155cmですが、ひざ下5〜10cmくらいまでになります。あまり丈が長いと、自転車に乗った時に足さばきがどうかな…って思うのですが、後ろにスリットもついているので歩きづらいなんてこともないし、自転車に乗ってもスムーズに動けます。


35536スリット.jpg


自転車に乗っている様子は記事の最後に載せてある動画に入れてあります♪



067d.jpg
●ポイント3☆取り外し出来る足カバー?!●

一般的なレインコートで、よくありがちなのは着脱がボタン式の場合、最後のボタンの位置が意外と高めにあって、自転車をこいでいるうちに太もも部が被われず濡れてしまうことがあるのですけれど、この超最強レインコートは、ファスナーが一番下までついているので、濡れることもなくて、長靴を履けば、これだけでも十分と思います。


36182.jpg


そうは言っても、やっぱりひどい雨の時はパンツ部も欲しい! あるいは長靴を持っていない人もいたりすると思うので、そういう時はレインパンツも履きたい!!

けれど…人前で着脱するのはちょいと気がひけますよね。あのしゃがみこむような動作が今ひとつ(汗)。

実はこの「超最強レインコート」には、簡単に取り外し出来る足カバーもついているのです! え? 取り外しできる足カバーって何? って思いませんか?


35537.jpg


なんと! レインコートの内側に留める仕組みになっているのです。長方形の生地をレインコートにスナップで留め、ファスナーをあげる仕組みの足カバー。足の長さに応じてスナップボタンで調節出来るんですよね。


36188.jpg8


ファスナー式なので、靴を履いたままでも着脱出来るというのもなかなかよい機能だと思います。濡れて帰ってきた時、玄関で靴を履いている段階で脱げるわけですから。


35541.jpg


裾もしぼれるようになっているので、バサバサしません♪


35543.jpg


ただ、一つだけ弱点として…。この足カバーは上の部分にゴムが入っており、フィットするのですが、私の場合太ももが結構太いんですよね(52cmくらいデス)。S〜Mサイズを購入したのですが、厚手のジーンズを履いてこの足カバーをつけると、ちょっとキツかったです。問題なくファスナーはしまるのですが…M〜Lサイズにすれば良かったかなぁ。。。



067d.jpg
●ポイント4☆大きな袋が大活躍!●

この超最強レインコートは、大きな袋に入って届きます。レインコートを取り出して着ると袋だけ残りますが、袋はバッグを入れられるほど大きめ!


36130.jpg


最近布製のバッグを持ち歩いている私的には、超感動! A4サイズがしっかり入るサイズ(41 cm x 31.5 cm x 10 cm )のバッグですが、スッポリと入りました!

36132.jpg



どれもこれも役に立つ機能ばかり! 
そんなレインコートはやっぱり「超最強」という冠がついて良い商品なんだと思います。

最後に、どれだけの撥水力の生地なのか、そして自転車に乗った時の足さばきは大丈夫なのか動画にまとめてみましたので、ご確認ください♪ たっぷりの機能があったので、とても長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださって、ありがとうございました!





〈追記〉
上記のレインコートはいったん販売終了したのですが、再登場しています!
おそらくなくなり次第、販売終了、だいたい毎年、GW前くらい(梅雨時季前くらい)にベルメゾンネットさんで特集ページが組まれ、パワーアップしたレインコートが出るのではないかな…と予想していますが、あくまでも私個人の「予想」ゆえ、見つけたら購入が正解だと思います。

[次項有]ベルメゾンネットでレインコートを探す
icon




ベルメゾンネット



リンクシェア レビュー・アフィリエイト



*動画のBGMは、
ドビュッシー(1862年〜1918年)作曲「版画」より“雨の庭”
ピアノ=ベンノ・モイセイヴィチ[1938年録音]
著作権の切れているパブリックドメインの曲を使用しております。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 2

コメント 2

履歴書の送付状

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 履歴書の送付状 (2013-12-04 17:24) 

うさ

> 履歴書の送付状さま
ありがとうございます。またぜひ遊びにいらしてください^^
by うさ (2015-05-20 19:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0